インテル® FPGA ソフトウェア・ライセンス・サポート

インテル® FPGA ソフトウェア・ライセンス

ほとんどのインテル® FPGA (旧アルテラ® FPGA) ソフトウェアは、ライセンスを使用して有効化する必要があります。ライセンスは、license.dat という名前のファイルで提供されます。このページでは、ライセンス・ファイルを取得してライセンスを設定する方法、ライセンスの問題に対する解決方法、ライセンスの変更、そしてソフトウェアおよび IP に関するライセンスの詳細情報を提供します。

  • ソフトウェアの 1 ライセンスを 1 台のコンピュータに設定する方法については、
    ライセンス・クイック・スタート・ガイド(英語版) を参照してください。
  • 無償のインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・ライト・エディション、Quartus® II ウェブ・エディション、および ModelSim* - Intel® FPGA Starter Edition 開発ソフトウェアはライセンス不要です。

インテル® FPGA ソフトウェア・サブスクリプションは、インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェア・プロ・エディション、スタンダード・エディション、または Quartus® II 開発ソフトウェア・サブスクリプション・エディション (インテル® FPGA IP ライブラリーを含む) および ModelSim* -  Intel® FPGA Edition ソフトウェアを有効化します。ソフトウェア・サブスクリプションを購入した場合、ライセンスファイルは購入したソフトウェアのバージョン、それ以前のすべてのバージョン、および購入日から 1 年以内にリリースされるすべてのバージョンをサポートします。購入したバージョンの インテル® Quartus® Prime または Quartus® II 開発ソフトウェアと、ModelSim* - Intel® FPGA Edition ソフトウェアやインテル® FPGA IP ライブラリーなどのすべての関連ソフトウェアは、無期限で使用できます。

インテル® FPGA IP ファンクション、インテル® FPGA SDK for OpenCL™、インテル® SoC FPGA エンベデッド開発スイート (SoC EDS) などの追加ソフトウェアも、ライセンスを使用して有効化します。

インテル® FPGA ソフトウェアのインストールとライセンスの詳細については下記を参照してください。

ライセンスセンター の使用およびライセンスの取得・管理方法

myAltera にログインした上で ライセンスセンターにアクセスすると、ご購入いただいたアルテラのソフトウェアおよび IP のライセンスを 24 時間 いつでも閲覧、変更、発行を行うことが可能です (現在有効なライセンスおよび、ライセンスの期限が 2009 年 1 月 1 日以降のライセンスをお持ちの方が対象です)。

オンラインライセンスセンターを通じて、ご購入いただいたアルテラのソフトウェアおよび IP のライセンスを24時間 いつでもライセンスの閲覧、変更、発行を行うことが可能です。

 

ライセンスセンターにて利用可能な各種サービス

ライセンスの設定


ライセンスの問題に対する解決方法

ライセンス・トラブルシューター(英語版) 使用して、インテル® Quartus® Prime、ModelSim* - Intel® FPGA、DSP Builder for インテル® FPGA ソフトウェアのライセンスに関する問題の解決をお手伝いします。

その他のライセンスに関する詳細は、Intel® FPGA Software Installation and Licensing (英語版・PDF) をご覧ください。

 

ソフトウェアおよびIP ライセンスの詳細情報

 

レガシー・ソフトウェアのライセンス

2009 年 1 月 1日より前に有効期限を終えたソフトウェア、IP、および開発キットのライセンスファイルは、
Legacy License Generator ページで取得してください。