Interlaken / Interlaken Look-Aside

Interlaken と Interlaken Look-Aside は、10 ~ 300 Gbps 以上の伝送速度を実現するために設計されたスケーラブルなチップ間インターコネクト・プロトコルです。インテル® FPGA Interlaken および Interlaken Look-Aside IP (Intellectual Property) コアは、最新のトランシーバー・テクノロジーと柔軟なプロトコル層を使用して、高い拡張性と単一 FPGA への統合を必要とする新しいアプリケーションに対応するために必要な最高の性能と生産性を提供します。これらの属性は、インテル® FPGA シリコンと Interlaken および Interlaken Look-Aside IP コアの利点を組み合わせて技術的に差異化されます。いずれの IP コアの特長も、シリコンコストを上昇させずに前述の統合と拡張性を実現する、ソフトロジック IP とハードロジック IP の独自のバランスです。この統合バランスの提供により、最大限の柔軟性と性能を実現できます。

インテルの次世代シリコンである インテル® Arria® 10 FPGA & SoC のリリースにより、インテル® FPGA Interlaken ポートフォリオは、第 3 世代のソフト IP (メディア・アクセス・コントロール (MAC) を含む) と第 2 世代のハード IP (フィジカル・コーディング・サブレイヤー (PCS)/フィジカル・メディア・アタッチメント (PMA) を含む) という重要な開発マイルストーンに到達します。現場で検証されたこれらの実績豊富なコアは、より高度な新しいシステムが必要とするさらなる堅牢性と成熟性を提供し続けます。

図 1. Interlaken のブロック図

 

図 2. Interlaken Look-Aside のブロック図

インテル® FPGA Interlaken IP コアは、IP コンフィグラビリティーによるさまざまなトラフィック・プロファイルへの最適化と次世代プラットフォームの拡張性が必要な、アクセス、キャリア・イーサネット、およびデータセンター・アプリケーション向けのマルチテラビット・ルーターおよびスイッチに最適です。

Interlaken IP コアは Interlaken Protocol Definition v1.2 に準拠しており、厳しい設計スケジュールのマイルストーンを達成できる性能と生産性をシステム開発者に提供します。

インテル® FPGA Interlaken Look-Aside IP コアは、サービス・ルーティングの品質、トラフィック・プロファイリング、ファイアウォール機能などのネットワーキング・アプリケーションに一般に使用されるパケット分類のコプロセッシングに適しています。IP の低レイテンシー・パケット・インターフェースは、その効率的なデータ処理能力と相まって新しいネットワーク・アプリケーション向けセキュリティーのスケーラビリティーを向上させます。

Interlaken Look-Aside IP コアは Interlaken Look-Aside Protocol Definition v1.1 に準拠しており、従来のパケット分類方式固有の計算時間のボトルネックを解消する性能と生産性をシステム開発者に提供します。

詳細情報および連絡先

性能と生産性に関する追加情報と販促情報については、Interlaken IP または Interlaken Look-Aside IP のウェブページをご覧ください。

Interlaken または Interlaken Look-Aside IP については、インテルの正規販売代理店にお問い合わせください。

関連リンク

ソリューション

標準スタンダード