Overview

56G PAM-4 次世代トランシーバ・テクノロジー

高速シリアル・トランシーバは、帯域幅の拡大、消費電力の低減、ビットあたりのコストの最小化が要求される、現代の大規模データ・デンター、クラウド・コンピューティング、およびワイヤレスの根幹を成します。アルテラは、Stratix® 10 ファミリへの次世代トランシーバ・テクノロジの搭載を進めています。このデュアル・モード・トランシーバは、56Gbps PAM-4 および 30Gbps NRZ 変調に対応し、次世代高速インタコネクトを実現すると同時に、テラビット・データ・レートにおける挿入損失とクロストークを最小化します。この新しい規格は、チップ間、バックプレーン、ケーブルなどの接続用途で、光ならびに銅配線インタフェースの両方をサポートします。

56 Gbps PAM-4 トランシーバ・デモ

Stratix 10 FPGA および SoC トランシーバは、シリアル・テクノロジの障壁を打ち破り、最大規模の集積度を必要とするアプリケーションに対して、かつてない性能を最大の帯域幅によって提供します。Stratix 10 FPGA に搭載されるトランシーバには、以下の特長があります。

  • 最先端インタフェース規格、バックプレーン、および汎用データ交換アプリケーション向けデュアル・モード・トランシーバ・テクノロジ:
    • 最大 56Gbps のPAM-4
    • 最大 30Gbps のNRZ
  • 以下をはじめとするメインストリームおよび次世代プロトコル/インタフェース規格向けテクノロジ:PCI Express® (PCIe®)、100 ギガビット・イーサネット (100GbE)、400 ギガビット・イーサネット、CPRI (Common Public Radio Interface)、Fibre Channel、シリアル・デジタル・インタフェース (SDI) など
  • ワイヤレス・アプリケーション向けの最も消費電力が少ない低消費電力トランシーバ・オプション
  • 高度なシグナル・コンディショニング・ブロック:連続時間リニア・イコライザ (CTLE)、ディシジョン・フィードバック・イコライザ (DFE)、および可変ゲインアンプ (VGA) 機能により、最新バックプレーン規格をサポート
  • システムの信頼性を最大化するハード化された順方向誤り訂正 (FEC)