58G PAM4 テクノロジーを搭載した新しいインテル® Stratix® 10 TX FPGA のデモをご覧ください。

マルチテラビットのネットワーク・インフラストラクチャーおよび NFV 向けの 58G PAM4 対応 FPGA

インテル® Stratix® 10 TX FPGA は、光伝送ネットワーク、ネットワーク機能仮想化 (NFV)、エンタープライズ・ネットワーク、クラウド・サービス・プロバイダー、5G ネットワークなど、高い帯域幅が重要視される新世代のアプリケーションに不可欠な接続ソリューションを提供します。インテル® Stratix® 10 TX FPGA は、最大 144 本のトランシーバー・レーンを提供し、約 8 Tbps のアグリゲート帯域幅と 1 ~ 58 Gbps のデータレートをサポートします。高速のデータレートで高帯域幅を組み合わせることにより、設計者は配信速度を 100G/200G/400G まで拡大できるようになります。58G PAM4、30G NRZ のデュアルモード変調方式をサポートし、既存のネットワーク・インフラストラクチャーとの下位互換性を維持しながら、最新のインフラストラクチャーでは 58G のデータレートを達成できます。100GE や FEC などの広範なハード IP コアによって、パフォーマンス、レイテンシー、消費電力を最適化することで、次世代のネットワーク・インフラストラクチャーや NFV といったアプリケーションを実現できます。

インテル® Stratix® 10 TX FPGA および SoC トランシーバーは、シリアル・テクノロジーの障壁を打ち破り、最大規模の集積度を必要とするアプリケーションに対して、かつてない性能を最大の帯域幅によって提供します。インテル® Stratix® 10 TX FPGA に搭載されるトランシーバーには、以下の特長があります。

  • 最先端インターフェイス規格、バックプレーン、および汎用データ交換アプリケーション向けデュアル・モード・トランシーバー・テクノロジー:
    • 最大 58Gbps のPAM4
    • 最大 30Gbps のNRZ
  • 以下をはじめとするメインストリームおよび次世代プロトコル/インターフェイス規格向けテクノロジー:PCI Express* (PCIe*)、100 ギガビット・イーサネット (100GbE)、400 ギガビット・イーサネット、CPRI (Common Public Radio Interface)、Fibre Channel、シリアル・デジタル・インターフェイス (SDI) など
  • ワイヤレス・アプリケーション向けの最も消費電力が少ない低消費電力トランシーバー・オプション
  • 高度なシグナル・コンディショニング・ブロック:連続時間リニア・イコライザー (CTLE)、ディシジョン・フィードバック・イコライザー (DFE)、および可変ゲインアンプ (VGA) 機能により、最新バックプレーン規格をサポート
  • システムの信頼性を最大化するハード化された順方向誤り訂正 (FEC)

インテルのテクノロジーはハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能が掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。購入を検討される場合は、ほかの情報も参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。性能やベンチマーク結果について、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。