概要

インテル® FPGA & SoC による IoT の高速化

IoT は、新しい大きなイノベーションを作り出し、そして新しいビジネスモデルを促進し、グローバル社会を想像もできない方法で改善する広範な推進力になることを約束します。インテル® FPGA ソリューションは、固有のハードウェアおよびソフトウェア・プログラマビリティーという IoT の要件に対処する真の柔軟性と拡張性を実現します。この強力な組み合わせによって独立操作を実現したり、ソリューションをお客様独自の要件に合わせて調整したり、細分化された市場要件や進化する市場要件を満たすようにソリューションを縮小拡大したりできます。

インテリジェント・ビル、コネクテッド・カーからスマート電力グリッド、シティ・インフラストラクチャーまで、FPGA は IoT イノベーションを民主化します。インテル® FPGA ソリューションは、1 つのプロトタイプ・ユニットから数十万の量産ユニットまで拡大して誰もがあらゆるアプリケーションを開発できるようにします。これは、少数の極めて大規模なシステムではなく、IoT が対応する多種多様な異なるソリューションをエレガントに模倣します。

 

インテル® FPGA & SoC の主な利点

  • 細分化された IoT アプリケーションの要件を満たし、ハードウェアとソフトウェアの両方でカスタマイズする柔軟性によって「Time-to-Market」を最適化
  • ハードウェアによる暗号高速化とモノリシック ARM プロセッサー統合によって固有の堅牢なセキュリティーを実現
  • 柔軟なプロトコル・スイッチング/ブリッジングとセキュアなリモート・インフィールド・アップグレードによって、進化する多様な IoT ゲートウェイの要件をサポート
  • 業界最高のワット当たり性能と価格当たり性能によって、エッジおよびデータセンター内でのデータ解析から最大の価値を抽出
  • 広い IoT ソリューションのポートフォリオ全体で研究開発への投資を保護し、モノからゲートウェイ、データセンターへのソリューションを実現

3 分間の最先端ツアーにご参加いただき、現在の IoT のデータ処理への影響や FPGA が担う非常に価値ある役割についてご確認ください。

Forbes レポート:急増するデータとその処理方法
コンピューティング環境や将来の計画、高性能化のニーズに対する取り組みについて、調査を実施しました。FPGA の将来を展望する調査レポートをぜひご覧ください。 

スマート・シティ・インフラストラクチャー

多くのスマート・シティ・アプリケーションの中心には、環境モニタリング、気象観測、駐車場管理、小売店分析、および強化された公衆安全に対する「インテリジェント・ビジョン」システムがあります。インテル® FPGA SoC は、これらのアプリケーションに対する高性能なリアルタイム・ビデオ解析を可能にします。

詳細はこちら

インダストリー 4.0

インダストリー 4.0 (産業革命の第 4 の波) では、コネクティビティーや自律運用を活用して、堅牢な産業用 IoT アプリケーションが生み出されます。インテルの PLC ソリューションは、OPC-UA により、クラウド経由で M2M と安全なエンタープライズ・アプリケーションの相互運用性を統合し、ファクトリー・オートメーション・システムのコスト、電力、迅速な市場投入の面で優れたメリットを実現します。

詳細はこちら

スマートグリッド

インテルは、制御ループ、グリッド通信、ネットワークの冗長性、セキュリティーなど、今日のミッション・クリティカルなスマートグリッド機能の要件を満たすスケーラブルな高性能ソリューションを提供しています。

詳細はこちら

医療システム

医療システムでは、IoT を活用して、ネットワーク接続されたデバイスから重大な疾病の兆候などのデータを迅速かつ正確に集約することができます。このようなアプリケーションによって、診断の向上や手動プロセスの排除が期待できます。FPGA には医療データの集約を管理するための処理能力があり、患者のケアを向上できます。

詳細はこちら

コネクテッド・カー

一般に V2X(Vehicle-to-Anything)と呼ばれるコネクテッド・カー・アプリケーションは、安全と燃料効率をさらに改善可能な自律走行車に向かう次のステップと考えられます。インテル® FPGA は、進化しつつある V2X 通信暗号化アルゴリズムの最適化と高速化に最適です。

詳細はこちら

データセンター

データセンターは、数百万個の機器とセンサーから得たデータを処理して高度に最適化された独立操作を行うため、IoT の中心となります。今日、インテル® FPGA は、計算負荷をサーバの中央処理装置(CPU)から FPGA にオフロードしてスループット、応答時間、および電力効率を改善するために使用されています。

詳細はこちら