インテリジェント・ビジョン & ビデオ

HD (High-Definition) ビデオ、画像処理、分析、および接続の統合は、インテリジェント・ビジョンおよびビデオ・アプリケーションの必須機能となっています。

今や、自動車、産業機器、および民生機器用の小型かつ低コストで、エネルギー効率に優れたエンベデッド・ビジョン・システムから、データ・センター用の高性能コンピューティング・システムに至るまで、以前は実験室環境でしか見られなかったコンピュータ・ビジョン & ビデオ機能が実用化されています。

アルテラ FPGA & SoC は、IP コア、開発プラットフォーム、およびソフトウェア中心のデザイン・フローと共に、幅広いビデオ/インテリジェント・ビジョン・アプリケーションのビデオ/ビジョン・パイプラインの各部分における課題やソリューションの変化に柔軟に対応できる迅速な開発パスを提供します。

 

ビデオ/ビジョン・パイプラインの各ステップにおける FPGA の利点

アルテラ FPGA は、ビデオ/ビジョン・パイプラインの各ステップでの性能、コスト、柔軟性、および集積度において優位性があります。

柔軟なセンサー・インタフェース

画像センサー・サプライヤは独自のインタフェースを採用していることが多く、センサー・インタフェースはセンサー機能の向上と共に進化し続けています。アルテラ FPGA は、デザインの残りの部分を変更する必要なく、新しいセンサー・インタフェースを容易に導入できます。それに対し、特定用途向け標準製品 (ASSP) では、新規 ASSP の採用とカメラ・ボードの再設計が必要です。

高性能ビデオ/画像信号処理


アルテラ FPGA は、高性能ビデオ/信号処理システムの迅速かつ柔軟な開発を実現します。アルテラのビデオ/画像処理 (VIP) スイートなどの IP コアを使用して、必要に応じてビデオ処理機能を選択できるほか、高性能 FPGA ファブリックを利用して高解像度ビデオの前処理を高速化することも可能です。

リアルタイム分析

インテリジェント・リアルタイム・ビデオ分析は、ドライバー・アシスタンス・システム、監視、産業用マシンビジョンをはじめとする多くのビジョン・アプリケーションにおける重要な機能であり、動き検出、顔認識、物体検出などの複雑なアルゴリズムが必要です。アルテラ SoC を使用すれば、FPGA ファブリックとデュアルコア ARM® Cortex®-A9 ハード・プロセッサ・システム (HPS) の機能をワンチップで利用できます。また、計算負荷の重い機能を HPS から FPGA ファブリックにオフロードすることにより、複雑なアルゴリズムの実装を最適化し、システム性能の向上を実現することも可能です。

高効率のビデオ圧縮

H.264/H.265 などの高効率圧縮規格を使用すれば、より小型の FPGA の使用が可能になり、システム・コストの削減につながります。さらに、ビデオ CODEC と他のビデオ処理機能を 1 個の FPGA に統合することで、BOM コストの大幅な削減も可能です。アルテラは、アプリケーション要件に応じてさまざまな圧縮規格やプロファイルを柔軟にサポートできるように、各種ビデオ圧縮 IP コアをご用意しています。

普遍的な接続性とブリッジング


現在のビデオ/ビジョン・システムには多種多様な接続規格が存在するため、FPGA は普遍的な接続性とブリッジングのためのプラットフォームとして最適です。

アルテラとアルテラ IP パートナーは、DisplayPort、HDMI, および SDI MegaCore のほか、CoaXPress、Camera Link、GigE Vision、USB3.0, Ethernet AVB、MIPI などの各種接続オプションをご用意しています。

 

 

 

 

us-intelligent-vision-embedded-vision-eva-member