テクノロジは従来のプログラマブル・デジタル信号処理(DSP) デバイスの機能を超え常に進化し続けています。プログラマブル・ロジックにより提供される柔軟性や関連するスループットの利点により、性能を重視するアプ リケーション向けにFPGA や PLD をさらに魅力的な代替品にします。

似通ったデータが高いサンプル・レートで到達し、同時アルゴリズム変換処理が行われる現在のマルチ・チャネル・システムでは、高いI/O レートとパラレル・ストラクチャを搭載したFPGA の実装により確実な利点をマルチ・プロセッサベースのDSP アプローチと比較してかなりの低コストで提供します。

アルテラのDSP の各種資料ではFPGA のデザイン向けに特に一般的に使用されるデザイン・フローを紹介し、このアプローチとプログラマブル、そしてプロセッサ・ベースのDSP デザイン・フローの類似点と相違点を説明しています。

DSP Builder ハンドブック(英語版)

I. DSP Builder Handbook

II. DSP Design Building Blocks

III. Device Selection and Architecture

DSP Blocks in Stratix IV Devices (ver 3.1, Feb 2011, 1 MB)

DSP Blocks in Arria GX Devices (ver 1.2, May 2008, 322 KB)

DSP Block Implementation in HardCopy III Devices (ver 2.1, Jan 2011, 165 KB)

IV. DSP Applications Using FPGAs

Versatile Digital QAM Modulator (ver 2.0, Dec 2010, 553 KB)

V. Reference Designs

AN 357: Error Detection & Recovery Using CRC in Altera FPGA Devices (ver 1.4, Jul 2008, 371 KB)

VI. Errata Sheets

For a complete list of errata sheets, see https://www.altera.com/support/literature/lit-es.html.