ネットワーキング業界に到来した変革の時代。この変革をもたらした要因は、刻々と変化するサービスニーズに対応する必要性と、データセンターやクラウドの処理能力向上によって生まれた可能性です。サービス・プロバイダーは、短期間で新たなネットワーク・サービスを提供し、その管理と導入を簡素化すると同時に、インフラストラクチャー・コストの削減と早期の収益化を実現したいと考えています。再プログラム可能なインテル® FPGA と、ソフトウェアに優れた俊敏性をもたらすインテル® Xeon® プロセッサーによって実現される SDN/NFV は、一般的なサーバー・インフラストラクチャーとハードウェア・アクセラレーションをサポートすることで、物理的な場所や固定機能の専用機器といった制約を受けることなく、これらのビジネス目標の達成を支援します。インテルでは、Open vSwitch (OVS) 対応の FPGA ワイヤー・スピード・データ・パス・アクセラレーション・ソリューション、vRouter / スイッチ / ファイアウォール・ソリューションを実現するアルゴリズム検索 IP、セキュリティー暗号化 IP (IPSEC/MACSEC) への投資を続けています。インテルは、統合型パッケージ MCP (統合型インテル® Xeon® プロセッサー + FPGA) と SmartNIC PCIe* プラグイン・カード・ファミリーの両方を用いて FPGA アクセラレーションを実現します。これらのハードウェアと、DPDK アプリケーション・プログラミング・インターフェイス (API) などのソフトウェア・インフラストラクチャー、ソリューション・パートナー各社によるエコシステムを組み合わせれば、現在そして将来の NFVi 変革に対応可能なパフォーマンス、消費電力、コストが最適化されたソリューションを構築できます。

関連ホワイトペーパー

このホワイトペーパーでは、インテル® FPGA、Hewlett Packard* Enterprise (HPE*)、China Telecom の Beijing Research Institute が、次世代ネットワークのニーズに応える効率性と拡張性に優れたアーキテクチャーの概念実証をどのように実施したかを紹介します。