ワイヤレス・データの利用量は、ワイヤレス規格 (3GPP、CPRI) およびネットワーク・アーキテクチャ (モバイル・ネットワークとモバイル・バックホールの両方) の変革を余儀なくさせるスマートフォンが導入されてから毎年倍増しています。

携 帯電話インフラも、従来のアナログ回線交換システムから直交周波数分割多重アクセス (OFDMA) 方式と多重入力多重出力 (MIMO) 方式に基づく今日の 4G パケット交換デジタル・システムに進化しました。その間、ダウンロード・レートは、ネットワークの物理層以上を変更したことにより 10 Kbps 台から 10 Mbps 台に増加しました。

データ・レートの増加に伴い、マクロ、マイクロ、ピコ・セルなどのアーキテクチャが大きく変更されて HETNET (Heterogeneous Network) が形成されました。

今日では、データ容量を増加させるためにキャリア・アグリゲーション、CoMP、eICIC などの高度 LTE 機能が LTE ネットワークに組み込まれ、ピーク・ダウンロードを Gbps 領域に上げるために C-RAN (Centralized RAN) や 5G のような概念が研究されています。

ワイヤレス・インフラストラクチャ事業者は、FPGA テクノロジが提供する柔軟性と将来に対する保証を利用してこのような動的要件に対応するようになりました。アルテラは、ワイヤレスの処理帯域幅と柔軟性 (IP & リファレンス・デザイン、高度な最新 DSP 手法、およびワイヤレス通信のリファレンス・デザインによる完全なエコシステムなど) を提供する高性能かつ、ミッドレンジ、そして低コストの FPGA の完全なポートフォリオを提供します。

アルテラの 5G 向けワイヤレス・ソリューションの概要については以下のビデオをご覧ください。

アルテラ 5G テクノロジの概要