ワイヤレスデータの利用量は、ワイヤレス規格 (3GPP、CPRI) およびネットワーク・アーキテクチャー (モバイル・ネットワークとモバイル・バックホールの両方) の変革を余儀なくさせるスマートフォンが導入されてから毎年倍増しています。

携帯電話インフラも、従来のアナログ回線交換システムから直交周波数分割多重アクセス (OFDMA) 方式と多重入力多重出力 (MIMO) 方式に基づく今日の 4G パケット交換デジタルシステムに進化しました。その間、ダウンロード・レートは、ネットワークの物理層以上を変更したことにより 10 Kbps 台から 10 Mbps 台に増加しました。

データレートの増加に伴い、マクロ、マイクロ、ピコセルなどのアーキテクチャーが大きく変更されて HETNET (Heterogeneous Network) が形成されました。

今日では、データ容量を増加させるためにキャリア・アグリゲーション、CoMP、eICIC などの高度 LTE 機能が LTE ネットワークに組み込まれ、ピーク・ダウンロードを Gbps 領域に上げるために C-RAN (Centralized RAN) や 5G のような概念が研究されています。

ワイヤレス・インフラストラクチャー事業者は、FPGA テクノロジーが提供する柔軟性と将来に対する保証を利用してこのような動的要件に対応するようになりました。インテルは、ワイヤレスの処理帯域幅と柔軟性 (IP & リファレンス・デザイン、高度な最新 DSP 手法、およびワイヤレス通信のリファレンス・デザインによる完全なエコシステムなど) を提供する高性能かつ、ミッドレンジ、そして低コストの FPGA の完全なポートフォリオを提供します。

インテル® FPGA の 5G 向けワイヤレス・ソリューションの概要については以下のビデオをご覧ください。

ベースバンド

ギガバイトの帯域幅、多様な特性を持つ広範なスペクトルといったニーズに対応するために、未来のワイヤレス・インフラストラクチャーでは柔軟性とプログラマビリティーの変換が進化を遂げます。

5G

C-RAN

既存のネットワーク

無線

現在のワイヤレス・インフラストラクチャーは、マクロセル / メトロセルからピコセル / フェムトセルまで規模の異なる多様な無線技術で構成されるヘテロジニアス・ネットワークを中心に構築されています。

デジタル・フロントエンド(DFE)

マイクロ波バックホール

市場投入までの期間を短縮して新たな機能を素早く提供するためには、拡張性と柔軟性が高く、実現可能かつ差別化にも対応可能で、消費電力と TCO に優れたプラットフォームが求められています。

バックホール

フロントホール

Access

Intel FPGAs accelerate the time to market for converged Cable, PON and Wireless access infrastructure.

Learn more>>