5G ワイヤレス

ワイヤレス・コネクティビティの将来

前世代と比較すると 5G は、単に世代が進んだだけではなく、ユニバーサルに接続されるデジタル社会の基盤となるものです。それには、ますます多様化する一連のエンドユーザー・アプリケーションへの接続において、一般的なエンド・ユーザー・データ・レートの 100 倍、100 倍の接続機器数、および 1,000 倍のモバイル・データ量という極めて高いレベルの処理が要求されます。5G は、実用的に実装するコスト効率に優れたソリューションであり続けながら、既存および潜在的に新しい RAT の採用、大規模MIMO(Massive MIMO) などの新しい技術、およびクラウド・ベースの RAN のような新しい展開シナリオの利用によってこれらの要件を満たそうとしています。

5G に関する同様の展開シナリオは クラウドベースの無線アクセス・ネットワーク (C-RAN) です。これは、集中データセンターに似たアーキテクチャを採用してさらに多くのリモート無線ヘッドのベースバンド処理を行います。インテル® FPGA は、Xeon プロセッサーと併用することによってハードウェア・アクセラレーションとバーチャル機能を実現できるため、このアプローチに不可欠です。

5G が多くの場面で要求されることは明らかであるにもかかわらず、このような要求を満たすための具体的な技術はまだ不明確なままです。インテルのプログラマブル FPGA とソリューションは、5G ワイヤレス・コネクティビティの意欲的かつ絶え間なく変わる要求を満たすために必要な柔軟性と性能を提供します。

インテルの 5G ワイヤレス・ソリューションの詳細については、以下のビデオをご覧ください。

5G コネクティビティの課題

モノのインターネットの到来とともにワイヤレス接続機器の数が爆発的に増え始め、大幅に増えたさまざまなアプリケーション向けに多様な接続形式が必要となります。そのため、5G には次の事柄が要求されます。

  • 1 Gb/s から、ピークでは最大 20 Gb/s に達する信頼性の高いデータ・スループット
  • 車・車間通信などのアプリケーションに必要なほぼゼロの時間遅延
  • 1,000 億個に近づくワイヤレス機器に必要な、信頼性の高い大容量のサポート
  • さまざまなアプリケーション向けの柔軟なデータ・レートとデューティ・サイクル

現在、5G の課題を満たしてユニバーサルに接続される社会を実現するだけでなく、コスト効率の点でも優れた無数のソリューションと技術が提案されています。例えば、以下のものがあります。

  • クラウドベースの無線アクセス・ネットワーク (仮想化された RAN)
  • マルチアクセスおよびコーディング/変調スキームのさらに高度なソリューション
  • 新しいベースバンドおよび RF アーキテクチャー
  • 新しいビームフォーミングテクニック
  • スペクトルを効率的かつ柔軟に使用するための高度な RF ドメイン処理

しかし、これらの技術をどのように組み合わせれば 5G の要求を最も完全に満たすコスト効率の高いソリューションが生み出されるかは明確になっていません。ワイヤレス・インフラストラクチャが柔軟性と性能のバランスをうまく取り、ますます変化しながら増加するワイヤレスマーケットの要求に歩調を合わせることは不可欠です。

インテルの 5G ソリューションがプログラマビリティによってもたらす柔軟性

インテル® FPGA は、コスト効率の高い 5G ソリューションに必要な柔軟性、性能、およびスケーラビリティを提供します。インテルは、5G の実装に必要な個々のビジネスニーズに適応可能なハイエンド、ミッドレンジ、および低コストのデバイスを提供しています。インテルの 5G ソリューションは以下を提供します。

インテルは以下の 5G 技術に最適化したソリューションを提供します。

CRAN / VRAN

大規模 MIMO (Massive MIMO)

バックホール

フロントホール

デジタル無線フロントエンド