レーダーのバックエンド処理は、FIR フィルタなど、カスタム・パイプライン並列処理を利用する各種アルゴリズムによる計算を多用する処理です。そこで、ホスト・プロセッサから FPGA にオフロードすることにより、性能向上が実現します。

OpenCL™ ツールフローを使用すれば、演算性能と消費電力要件の両面においてマルチコア CPU または GPU より効率の良いカスタム・プロセッサを開発することが可能です。

図 1. OpenCL による代替的レーダー・バックエンド処理

 

アルテラの防衛機器向け OpenCL の詳細は、 mil@altera.com (eメール/対応言語:英語 までお問い合わせください。