用語の最初の文字をクリックすると、その文字で始まるセクションにジャンプします。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
A

自動体外式除細動器(AED)Automatic External Defibrillators

AED は、心臓発作または心停止のために機能が停止した心臓を活性化するために使用されます。AED は、特に非医療従事者が簡単に使用できるように設計されています。

C

心調律管理(CRM)Cardiac Rhythm Management

CRMは、ペーシング・システム、埋め込み型除細動器、および自動体外式除細動器を主に扱う医療機器産業の一部です。

CIC (Cascaded Integrated Combinatorial) フィルタ

CIC フィルタは、デジタル・システムでのサンプル・レートの大幅な変化を実現するために使用されるマルチレート・フィルタです。デシメーションと補間の両方の構造がサポートされています。CIC フィルタは、乗算器を内蔵しておらず、加算器、減算器、およびレジスタで構成されています。CIC フィルタは一般に、大きなエクセス・サンプル・レートを有する(すなわち、システム・サンプル・レートが信号占有帯域を大幅に上回る)アプリケーションで使用されます。(本定義の出典:The Scientist and Engineer's Guide to Digital Signal Processing Steven W. Smith著、1997 年、p568-570)

コンピュータ断層撮影(CT)Computerized Tomography

CT スキャンは、コンピュータによって機能強化された X 線撮影法です。CT スキャンを行うと、身体の特定部分の 3 次元図(「スライス」と呼ばれる)が得られます。代表的な適用分野は、胸部、腹部、および脊髄の撮影などです。(本定義の出典: St. Joseph Regional Medical Center Web サイト)

TOP
D
データ収集カード(DAC)Data Acquisition Card

画像診断システムで使用される多数のカードのうちの一つです。システムのフロント・エンドでのデータ処理(フィルタリング)を実行します。

データ統合カード(DCD)Data Consolidation Card

画像診断システムで使用される多数のカードのうちの一つです。データ収集カードによって処理されたデータは DCD に転送され、解析とバッファリングが行われます。

E

外部メモリ・インタフェース(EMIF)External Memory Interface

デジタル信号プロセッサによって使用されるメモリ・インタフェース

TOP
G
ガントリ ガントリは、CT 装置で使用され、患者の身体の周りを回転して断面図を作成します。
I

埋込み型除細動器(ICD)Implantable Cardiac Defibrillator

ICD は、心臓のリズムを連続的にモニタする点がペーシング・システムに似ています。ICD は、頻拍性不整脈(急速な心拍)の処置を行います。心拍が異常に速い場合、ICD は救命のための電気ショックを与えることによって心拍リズムを正常に戻し、突然心臓死を防止します。

静脈注射(IV)システム Intra-Venous (IV) System IV システムは、病院で広く使用されている薬物送達システムです。
TOP
L

低ノイズ・アンプ(LNA) Low Noise Amplifier

LNA は、各種医療システムで使用されるアナログ・コンポーネントです。

M
磁気共鳴映像法(MRI) Magnetic resource imaging

磁場と電磁波を利用して、身体部分内部の高精度画像を生成する患者検査法。この方法は、無痛であるとともに、放射線を使用しないため、きわめて安全です。MRI を使用する代表的な分野は、神経病学、心臓病学などです。(本定義の出典: Columbus Diagnostic Imaging Web サイト)

モダリティ

X 線、 CT などの診断装置

変調

入力ビデオ信号を基準にして周波数キャリアまたは振幅を操作するプロセス。

TOP
N
核 / 陽電子放射断層撮影法(PET) Nuclear/PET

核医学は、少量の放射性トレース物質を使用して多くの疾患の診断と治療を支援します。核医学は、X 線撮影法や超音波診断法などの診断学的検査とは異なり、器官、組織、または骨の構造上の外観ではなくそれらの機能に基づいて医学的問題の原因を特定する学問です。代表的な適用分野には、心臓 / 血管科、および腫瘍の診断と治療などが含まれます。(本定義の出典: Standford Hospital Web サイト)

R

ラジオグラフィ(放射線撮影法)& フルオロスコピー(蛍光透視法)(RNF)Radiography and Fluoroscopy

診断用 X 線撮影法の一種。ラジオグラフィ(放射線撮影法)は器官の映像を提供し、フルオロスコピー(蛍光透視法)は器官の機能の観察を可能にします。

TOP
S
スリップ・リング

スリップ・リングは、ガントリ内部で使用され、CT 装置の固定部との連続した電気的接続を提供します。

T

タイム・ゲイン・コントロール(TGC)Time Gain Control

画像診断システムで使用されるアナログ回路。

TOP
U

超音波診断法 Ultrasound

超音波診断法は、音波を使用して、身体の各器官や組織の医学的画像または写真を取得する手法です。この診断法は無痛かつ安全です。超音波診断法は、軟組織(心臓、血管、子宮、膀胱など)の高精度画像を生成し、心拍や血流などの内部運動をわかりやすく示します。この診断法では、病変または損傷のある組織の検出、異常な腫瘍の発見、および多様な変化状態(胎児の発育など)を検出でき、それによって医師は迅速かつ正確な診断を行うことができます。代表的な適用分野は、心臓医学、婦人科医学、腹部医学などです(本定義の出典:St. Joseph Regional Medical Center Web サイト)。

X

X 線

X 線は、基本的に可視光線であり、X 線と可視光線の両方とも、光子と呼ばれる粒子が運ぶ波形状の電磁エネルギーです。これらの違いは、個々の光子のエネルギー準位、すなわち光線の波長です。X 線撮影法は、過去数十年間にわたって利用されており、非常に安定した市場基盤を持っています。代表的な適用分野としては、マンモグラフィ、歯科、フルオロスコピー(蛍光透視法)、血管科、外科、モバイルなどがあります。(本定義の出典:HowStuffWorks.com)

TOP