DVD プレイヤおよびレコーダは、圧縮された高品質のデジタル・ビデオとオーディオの再生、および圧縮された高品質のデジタル・ビデオとオーディオの記録を行います。ハイエンド DVD プレイヤ/レコーダ・システムは、地上波アナログまたはデジタルTV信号の録画のため高度なオーディオおよびビデオ処理機能も備えています。DVD プレイヤ/レコーダに CD-RW ドライブが装備されている場合、ビデオ・バスとインタフェースするには Integrated Drive Electronics (IDE) 変換が必要です。実際のDVD ドライブへのインタフェースはATAPI (AT attachment package interface)で行います。ATAPI はCD-ROMまたはDVD プレイヤーをコントロールするために必要な追加コマンドを提供するため、コンピュータIDEインタフェースとこのような種類のデバイスをコントロールするためのコントローラを使用することができます。DVD プレイヤ/レコーダのマイクロコントローラは、コントロール・パネル管理およびビデオ/オーディオ処理を含む多数のシステム機能を実行します。

図 1. DVD プレイヤ/レコーダ・システムでのアルテラ PLD ソリューションの使用例

DVD プレイヤ/レコーダ向け低コスト・プログラマブル・ソリューション

インテルの低コストCyclone® IIIMAX® II、そして MAX 3000A デバイスは、オーディオおよびビデオ処理にコスト効率の良いプログラマブル・ソリューションを提供し、デジタル・ビデオ向けアプリケーションに理想的なデバイスです。さらにCyclone FPGA シリーズ、MAX CPLD シリーズ は、OSD(on-screen display) および タイミング・ディスプレイのような、既存のASSPを補完するシステム機能を含んでいます。

Cyclone III FPGA は、65 nm、ロー・パワー(LP)プロセス・テクノロジにて製造されています。Cyclone III ファミリは 8 つのデバイスにより構成されており、5K から 120K ロジック・エレメント(LE)数および最大 534 ユーザ I/O ピンを提供します。Cyclone III FPGA には、最大 4M ビットのエンベデッド・メモリ、最大 288 個の 18x18 乗算器、専用外部メモリ・インタフェース回路、そしてPLL(Phase-Locked Loop)を提供し、ハイエンドビデオ/画像処理機能を実現するために最適です。Cyclone III FPGAとそのソリューションは、デジタル・ビデオ設計者にきわめて手頃な価格で比類のない性能を提供します。

インテルの MAX CPLD シリーズは、業界で最も認知され、広く使用されている CPLD です。MAX 3000A デバイスは、量産向けのコスト重視のアプリケーションに最適です。アルテラの最新のCPLDであるMAX II デバイスは、低コストおよび低消費電力アプリケーションに適しています。不揮発性で低コストを特長としているMAX 3000A と MAX II デバイスは、アドレス・デコーディング、システム・タイミング、およびシステム・バグ修正のようなDVD プレイヤ/レコーダの機能に理想的なソリューションを提供します。