コンピューターおよびストレージ・テクノロジーは急速に進化しています。今日、クラウド・コンピューティングによって、従来の IT 機能と全く新しい機能との統合が可能になっています。例えば、多くの大規模データセンターは、従来の IT サービスを新しいデータ分析サービスとともに提供しています。

そのため、大規模データセンターでは、効率性に優れたサーバー / ストレージシステムが必要となります。パフォーマンスを向上させる方法として、周波数スケーリングが使用されなくなったため、従来の CPU テクノロジーではパフォーマンスが制限されます。周波数スケーリングの終了により、マルチコア・プロセシングへと移行しました。ただし、マルチコア・プロセシングでは、I/O とメモリー帯域幅の制限により、アプリケーション・パフォーマンスの向上の観点からは収穫逓減が発生します。

インテル® FPGA を使用すると、大規模データシステムのパフォーマンスを向上させることができます。インテル® FPGA は、ネットワーク/ストレージシステムに対してカスタマイズされた広帯域幅かつ低レイテンシーの接続を提供することで、データ処理の高速化を実現します。また、インテル® FPGA は、圧縮、データ・フィルタリング、アルゴリズム・アクセラレーションにも対応します。

インテル® FPGA SDK for OpenCL* により、コンピューター/ストレージシステムのアクセラレーション・ソリューションを迅速に開発できるようになりました。インテル® FPGA SDK for OpenCL* を使用すると、高水準プログラミング言語によるアクセラレーション機能の開発が可能なるため、ソフトウェア開発者でも FPGA で簡単に設計できます。

 

OpenCL と OpenCL ロゴは Apple Inc. の商標であり、Khronos の許可を得て使用しています。

クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティングのニーズが年々高まる中で、FPGA はハードウェア・レベルのテーブルオフロード機能を提供することで、全体的なシステム・パフォーマンスを大幅に向上させます。

概要

検索

ビッグデータ

 

 

 

マシンラーニング

データセンターへの人工知能の普及に伴って、マシン・ラーニング・アプリケーションが発展を続けており、その適用範囲は年々拡大しています。この急速に拡大する分野では、再プログラミング可能な FPGA によって、最新のアルゴリズムやニューラル・ネットワーク・トポロジーの継続的な導入が可能になります。

マシンラーニング/CNN

 

 

ストレージ・アプリケーション

今日のデータセンターでは、ピーク性能を確保するために、効率性に優れたストレージシステムを必要としています。インテル® FPGA は、I/O ボトルネックを軽減し、ストレージ・ネットワーク・パフォーマンスを高めるように設計された高速データ・トランザクション・ソリューションとストレージ処理ソリューションを提供します。

概要

ソリューション

エンタープライズ

エンタープライズ・アプリケーションに FPGA の実装を用いることで、石油・ガス、ゲノミクス、ビデオ・トランスコーディングなどの設計ソリューションでのワークロードが高速化されます。

ビデオ・トランスコーディング

金融 / HPC

金融部門では、ソフトウェア・ベースのアルゴリズムと分析を FPGA ハードウェアにオフロードすることで、レイテンシーを削減できます。ハイパフォーマンス・コンピューティングでは、CPU のパフォーマンスを低下させる可能性のある並列タスクを FPGA にオフロードすることで、CPU のオーバーヘッドとシステム・レイテンシーを削減できます。

ファイナンシャル・アクセラレーション

ファイナンシャル・オフロード