インテル® FPGA は、高頻度取引アプリケーションやポートフォリオ・リスク管理アプリケーションでよく使用されます。独自の機能 (10 TFLOPS の IEEE 754 浮動小数点演算、パイプライン処理機能、長い数式で 1 クロック当たり 1 つの結果を出す超低レイテンシーなど) を備えたインテル® FPGA は、モンテカルロ・シミュレーションで優れた性能を発揮します。Options Price Reporting Authority (OPRA) により、ファイナンシャル・データ・ストリーミングやオプション取引のプロトコルを OpenCL* で記述できます。さらに、マス・カーネル・ライブラリー (MKL) を使用して設計をカスタマイズしたり、ファイナンシャル・ライブラリー・ツールを使用してビジネスの可能性に対応できます。

成功事例: Metamako

Metamako は、オンボード FPGA で実現できることを活用するために、高速スイッチング・ハードウェアを進化させました。インテル® FPGA により、Metamako の超低レイテンシーの高インテリジェント・スイッチ・ファミリーは、従来のスイッチのレイテンシーをはるかに凌ぐ、確定的な 69 ナノ秒でパケット集約を実現します。パケット・キャプチャーの使用例では、インテル® FPGA の機能により、1 つのデバイスでタッピング、集約、タイムスタンプのすべてが可能になるため、ネットワークが簡素化され、資本コストが削減されます。