金融ワークロード向け FPGA

インテル® プログラマブル・アクセラレーション・カード (インテル® Arria® 10 GX FPGA 搭載版) 向けインテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) が登場しました。

業界における課題

金融分野のワークロードには常に、高度な処理や詳細な検証を必要とする膨大なデータセットが伴うものです。信頼性の高い履歴データを用いたシミュレーション取引、バックテスティングはその一例であり、データ量が膨大な、非常に演算集約型のタスクとなっています。

こうした高頻度取引とリスク管理アプリケーションのソフトウェアには、時間がかかるリソース消費の激しい処理が求められ、またハードウェア側では演算能力に対する要求と、業界のパラメーターの変化に対応し続けなければなりません。ハードウェアの選択肢としては、CPU、GPU、ASIC、FPGA がありますが、利用するワークロードを最適化し、性能および消費電力ニーズに応え、進化する要件に適応可能な柔軟性を備えるためのソリューションは、どのように選択すべきでしょうか。

ソリューション

インテル® PAC Arria® 10 GX 搭載版上のインテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) は、シンプルなユーザー体験を備え、低レイテンシーの高速化されたプログラマブルかつ透過的なソリューションを実現します。偏微分方程式 (PDE) 解決法、モンテカルロ・シミュレーション、オプションモデリングなどの金融ワークロードを高速化するのはいかがでしょう。さらに、インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) では、ハードウェア関連の専門知識がなくても、より簡単にインテル® PAC Arria® 10 GX 搭載版の能力を引き出すことができます。

インテルの OEM 各社からハードウェアを購入し、インテルのライブラリーを利用することで、適切な製品の効果的な統合方法を把握することができます。インテルおよびインテル認定パートナーのエコシステム企業による優れたソリューションと Intellectual Property (IP) コアをご活用ください。簡素化されたハードウェア・インターフェイスと多彩なソフトウェア・プログラミング・インターフェイス (API) により、インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) でのコードの再利用が可能です。必要に応じて、カスタマー・サポート・チームの支援も受けられます。

ハードウェアとソフトウェアの両面にわたる包括的なソリューションについては、インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA 対応) とインテル® PAC Arria® 10 GX 搭載版を参照してください。インテル® PAC Arria® 10 GX 搭載版、インテル® Optane™ メモリーと、インテル® Xeon® CPU の組み合わせによる強力な統合ソリューションがもたらす、金融ワークロードの高速化をご体験ください。