UHD、HDR などの新しい市場動向によって、業務用 AV 業界やスタジオ業界はさらなる帯域幅の向上や急速に進化する規格への対応を迫られています。4K にはフル HD の 4 倍のデータレートが必要ですが、8K には 16 倍のデータレートが必要です。HDR では、最小で 10 ビットのカラー (8 ビットに比べて帯域幅が 25% 増加) を定義しているだけでなく、機能の要件も追加されています。インテルがあらかじめ準備した規格準拠の FPGA 接続ソリューションならば、最適な設計フレームワークを提供することにより、製品化までの時間を短縮しながら、独自の IP で差別化を行うことができます。さらに、複数の接続標準規格を統合して、任意のインターフェイスから任意のインターフェイスへの変換を実現できます。

インテルの包括的な接続ソリューション・ポートフォリオには、次のものが含まれています。

詳細については、放送機器のページの「学ぶ」「設計」「資料」を参照してください。