インテルは、オートモーティブ業界のプログラマブル・ロジック・デバイス (PLD) テクノロジーではトップクラスであり、20 社以上の OEM ブランドがインテルのソリューションを使用して、自分たちの自動車の差別化を図っています。

先進運転支援システム (ADAS) 車内体験 (IVE) の標準規格や要件の急速な進化に伴い、消費電力当たりの性能を高く維持しながら柔軟性の向上と開発サイクルの短縮を図るというニーズが、システム設計における一番の関心事になっています。再プログラム可能な インテル® FPGA を拡大を続ける多彩なオートモーティブ・グレードの製品と組み合わせることで開発要件を確実に満たし、自動車メーカーは進化を続けるこの業界で常に一歩先を進むことができます。

FPGAの利点

先進運転支援システム (ADAS)

ADAS/AD アプリケーションの急速な進化に伴い、高い演算性能、電力効率、リアルタイム処理を必要とする特有の課題が生じています。インテル® オートモーティブ・グレード FPGA & SoC によって、センサー・コネクティビティ、データ処理など、ADAS/AD アプリケーションに求められる柔軟性、低レイテンシー、消費電力当たり高性能、機能安全、およびセキュリティーの優位性を実現できます。

詳細情報 >>

車内体験 (IVE)

消費者は、インフォテインメント・システムにスマートフォンと同様の外観と使用感を求め、自動車社内向けのテクノロジーについても自動車の運転性能と同じくらい重視しています。インテルのオートモーティブ・グレード FPGA & SoC は、組み合わせたり、あるいは個別に使用したりすることで、ジェスチャー認識、ドライバー・モニタリング・システム (DMS) 、死角検出などのアプリケーションを実現できます。FPGAの柔軟性を利用して、IVE 分野のイノベーションとトレンド対応を実現しています。

詳細情報 >>

オートモーティブ・グレード製品

インテルのオートモーティブ・グレード製品は、ISO 9001:2001 および AEC-Q100 の標準規格に準拠しています。すべてのインテル製オートモーティブ・グレード製品は、TS-16949 の登録 / 認証を完全に受けた拠点において、非常に小型で極めて信頼性に優れたメインストリームの半導体製造プロセスを使用して、製造されています。インテルのオートモーティブ・グレード製品のポートフォリオは、FPGA、ARM ベースの SoC、CPLD、小型フォームファクターの電源レギュレーター PowerSoC で構成されています。

詳細情報 >>

オートモーティブの要件

機能安全

ますます増加する高度な安全システムには、ISO26262 およびその他の関連する安全規格の認証が必要です。現在、機能安全をすべての制御および電子 / 電気アーキテクチャーに適用することが、メーカーにとって大きな課題となっています。インテルは、さまざまな製品ファミリーにオートモーティブ機能安全データパック (AFSDP) を提供しています。AFSDP を活用することで、認証までの期間を短縮し、市場投入時間を短縮することができます。

詳細情報 >>

セキュリティー

セキュリティーは、完全な自動運転車の機能安全を満たすために欠かせない主要な要件の 1 つです。自動運転車は、ハードウェアの観点からもソフトウェアの観点からも複雑であり、この複雑さゆえに対処が必要なセキュリティー上の潜在的問題が多数生じます。インテル® FPGA を活用して、セキュリティ機能を設計することで、デザインの複製、リバース・エンジニアリング、改ざんを防ぐことがでぎます。

詳細情報 >>