インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA対応)は、インテルが設計および提供するソフトウェア、ファームウェア、ツールを集めた堅牢なアーキテクチャーです。これにより、インテル® FPGA を容易に開発および導入してデータセンターのワークロードを最適化できます。インテル® アクセラレーション・スタック (インテル® Xeon® CPU & FPGA対応)には、最適化および簡素化されたハードウェア・インターフェイスとソフトウェア・アプリケーション・プログラミング・インターフェイス (API) が備わっています。これにより、時間が節約されるため、開発者はより付加価値の高いソリューションの構築に集中できます。

インテル® アクセラレーション・スタックには、設計エンジニアにとってさまざまなメリットがあります。

  • 付加価値の高い独自のソリューション構築に集中できるよう、開発者の時間を節約
  • 複数のインテル® FPGA フォームファクター製品間でコードを再利用
  • インテル® FPGA データセンター製品用として、世界初の共通デベロッパー・インターフェイスを確立
  • 最適化および簡素化されたインテル製ハードウェアおよびソフトウェア API を提供

Open Programmable Acceleration Engine (OPAE) テクノロジー

Open Programmable Acceleration Engine (OPAE) テクノロジーは、FPGA 製品の複数の世代やプラットフォームの間で一貫した API を提供するソフトウェア・プログラミング・レイヤーです。OPAE は、ハードウェア固有の FPGA リソースの詳細を抽象化すると同時に、ソフトウェアによるオーバーヘッドとレイテンシーの最小化を目的として設計されています。オープン・エコシステムの促進と、データセンターのワークロードにおける FPGA アクセラレーションの普及を目指して、インテルは業界や開発者コミュニティー向けテクノロジーのオープンソース化に取り組んでいます。

Open Programmable Acceleration Engine (OPAE) テクノロジーの特長:

  • 軽量のユーザースペース・ライブラリー (libfpga)
  • ライセンス: FPGA API (BSD)、FPGA ドライバー (GPLv2)
    • Linux* カーネルにアップストリームされる FPGA ドライバー
  • 仮想マシンとベアメタル・プラットフォームの両方をサポート
  • 組込み AFU シミュレーション環境 (ASE) によりアクセラレーター機能の開発とデバッグの期間を短縮
  • ガイド、コマンドライン・ユーティリティー、サンプルコードを付属

OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の許可を得て使用されています。