前例のない 2 倍のコア性能を提供するHyperFlex™ コア・ファブリック・アーキテクチャー、70 % 低減された消費電力、および 3D スタック高帯域幅メモリー(HBM2) を組み合わせた Stratix® 10 MX FPGA は、高度なアプリケーションを実現する新しいクラスのデバイスです。

Stratix® 10 MX FPGA によって実現できる高度なアプリケーション例をご覧ください。

200 G トラフィック・マネージャー

新しいネットワーク・インフラストラクチャーを実現

256 K キュー の200Gトラフィック・マネージャー

  • EHBM2 タイルあたり 4 GB の容量を提供

外部メモリー DIMM をリプレース

  • 1 つの Stratix® 10 MX HBM2 タイルで、6枚 のDDR4 DIMM (1,200 MHz) をリプレース
classtest

Stratix® 10 MX デバイス独自の特徴

  • HyperFlex™ アーキテクチャーによる 700 MHz を超える fmax で、200 G イーサネット (> 2 クロック/パケット) を実現
  •  パッケージ内にメモリーを内蔵した Stratix® 10 MX FPGA が 200 G トラフィック・マネージャーを実現

ディープ・パケット・インスペクション (DPI) 向け単一デバイス・ソリューション

低レイテンシーの DPI

データベースを統括する低レイテンシー・パス

  • データベース全体をストアーし、正規表現エンジンの低レイテンシー・アクセスを提供

オンボード・フットプリントの縮小

  • 外部メモリ DIMM を排除
classtest

Stratix® 10 MX デバイス独自の特徴

  • HyperFlex アーキテクチャーによる 700 MHz を超える fmax で、高速パケット転送を実現
  • パッケージ内に HBM2 タイルを内蔵した Stratix® 10 MX FPGA が高帯域幅パターン・ルール・データベースをサポート

データセンター・アクセラレーション

ディープラーニングおよびマシンラーニング

高性能アクセラレーター

  • 最大 6 TFLOPS
  • 最大1 TB/s のメモリー帯域幅で画像解析性能を向上

高効率な並列処理

  • 複数の並列スレッドを効率的に処理する 64 メモリーチャネル
  • バンクのアクティベートとプリチャージの必要性を抑え、消費電力を数分の一に低減
classtest

Stratix® 10 MX デバイスの特長

  • HBM2 タイルにより、最大1 TB/s のメモリー帯域幅
  • 各アプリケーションに最適な、柔軟で容易にカスタマイズ可能なメモリーサブシステム
  • システム消費電力の低減

4K/8K ビデオ処理

次世代メディア処理の実現

低いレイテンシーで高いスループット

  • 120 フレーム/秒 (fps) を超える
  • 8 K の解像度を持つメディア
  • 広いダイナミックレンジ

帯域幅の大きなメモリーがビデオ処理ブロックの性能を改善

  • スケーリング
  • デインタレーシング
  • フレーム・バッファリング
  • CODEC エンジン
classtest

Stratix® 10 MX デバイス独自の特徴

  • HyperFlex アーキテクチャーによる 600 MHz を超える fmax によって、4 K / 8 K の解像度が可能に
  • 4 個の HBM2 タイルによる最大 1 TB/秒のメモリー帯域幅
サイバー・セキュリティ解析アプリケーションをストリーミングするための現行の実装

サイバー・セキュリティ解析

Stratix® 10 MX デバイスで可能な単一デバイス実装

次世代ネットワーク・インフラストラクチャーの実現

ワットあたりの最高性能

  • 最大 10 TFLOPS の単精度浮動小数点性能
  • 従来の実装より大幅に低減された消費電力とフォームファクター

簡素化されたデザインによる高いスループット

  • 1 TB/sのメモリー帯域幅でメモリー帯域幅が 3 倍に増加
  • 統合データベースによってデータの速度を維持
classtest

Stratix® 10 MX デバイス独自の特徴

  • 1 TB/s のメモリー帯域幅で最大 16 GB の HBM2
  • 統合データベースを可能にしてプログラミングを簡素化