Nios II プロセッサ: <br>世界で最も汎用性に優れたエンベデッド・プロセッサ

アルテラの Nios® II プロセッサは、世界で最も汎用性に優れたプロセッサであり (ガートナー調べ)、FPGA 業界で最も広く利用されているソフトコア・プロセッサです。このソフトコア・プロセッサは卓越した柔軟性を備えており、コスト重視、リアルタイム制御、セーフティ・クリティカル (DO-254)、ASIC 最適化、アプリケーション処理といったニーズに最適です。Nios II プロセッサは、アルテラ SoC および FPGA ファミリをすべてサポートしています。

Nios IIが世界で最も便利なプロセッサである理由は?

Application Nios II
Processor Core
Vendor Description
アルテラ
低消費電力およびコスト重視 Nios II エコノミー・コア アルテラ Nios II エコノミー・プロセッサ・コアは、ロジック・エレメント数を 600 LEに抑えたもので、マイクロコントローラ・アプリケーションに最適です。Nios II エコノミー・プロセッサ・コア、ソフトウェア・ツール、およびデバイス・ドライバは無償で提供されます。
リアルタイム制御 Nios II 標準 (standard)/高速(fast)コア アルテラ

独自のハードウェア・リアルタイム機能できわめて確定的で、ジッタのないリアルタイム性能を実現

  • ベクター割り込みコントローラ
  • 密結合メモリ
  • カスタム・インストラクション (FPGA ハードウェアを使用して機能の高速化が可能)
  • 業界最先端のリアルタイム・オペレーティング・システム (RTOS) によるサポート
  • Nios II プロセッサは、DSP Builder ベースのハードウェア・アクセラレータとの併用により、確定的で高性能なリアルタイム処理を実現するために最適なリアルタイム・プロセッサです。
アプリケーション処理 Nios II 高速(fast)コア アルテラ Nios II ファースト・プロセッサ・コアは、シンプルなコンフィギュレーション・オプションにより、メモリ・マネージメント・ユニット (MMU) を使用してエンベデッド Linux を実行できます。Nios II プロセッサは、オープン・ソース版 Linux と商用版 Linux の両方に対応しています。
Altera Embedded Alliance
セーフティ・クリティカル Nios II SC コア HCell Nios II セーフティ・クリティカル (SC) プロセッサ・コアと、HCell 社が提供する DO-254 準拠デザイン・サービスを利用することで、デザインの DO-254 準拠が認証されます。

スタートガイド

Nios II プロセッサ向けに多数提供されている低価格の評価キットまたは開発キットのいずれかを購入すれば、Nios II プロセッサによる開発を直ちに開始できます。


なお、Nios II エコノミー・コア以外の Nios II プロセッサを搭載したデザインを出荷するには、Nios II プロセッサのライセンスをご購入いただく必要があります。

表 1. デバイス別プロセッサ性能 (MIPS* @ fMAX)

プロセッサ・カテゴリー コスト/消費電力重視のプロセッサ リアルタイム・プロセッサ アプリケーション・プロセッサ
デバイス ARM
Cortex-M1
V1 ColdFire Nios II
エコノミー
Nios II
標準
Nios II
高速
ARM
Cortex-A9
Cyclone III
(MIPS(1) at MHz)
80 at
145
84 at
90
30 at
215
90 at
145
195 at
175
-
Cyclone III LS
(MIPS(1) at MHz)
- 65 at
70
20 at
150
70 at
110
160 at
140
-
Cyclone IV GX
(MIPS(1) at MHz)
- 70 at
75

30 at
175

70 at
110
190 at
165
-
Arria II GX
(MIPS(1) at MHz)
- 84 at
90
45 at
300
115 at
180
270 at
240
-
Stratix III
(MIPS(1) at MHz)
150 at
230
104 at
112
48 at
340
140 at
230
340 at
290
-
Stratix IV
(MIPS(1) at MHz)
- 135 at
145
50 at
340
155 at
240
340 at
290
-
Stratix V
(MIPS(1) at MHz)
- 135 at
145
50 at
330
170 at
270
320 at
280
-
Notes:
  1. Dhrystone 2.1ベンチマークを利用
  2. プロセッサごと
表 2. オペレーティング・システム・サポート別プロセッサ・セレクター
プロセッサ・カテゴリー 低コスト・プロセッサ リアルタイム アプリケーション・プロセッサ
機能 ベンダー ARM
Cortex-M1
V1 ColdFire Nios II ARM
Cortex-A9
eCos eCosCentric - - はい -
eCos (Zylin) Zylin - - はい -
embOS Segger - はい はい -
Erika Enterprice Evidence - - はい -
Euros RTOS Euros - - はい -
Linux Wind River - - はい -
Linux Timesys - - はい -
Linux SLS - - はい -
Linux オープン・ソース - - はい はい
MicroC/OS-II Micrium (日本代理店 : (有) テクノ・ロジック) - - はい -
oSCAN Vector - - はい -
ThreadX Express Logic (日本代理店: (株)グレープシステム) - はい はい -
uCLinux オープン・ソース

 

- - はい -
VxWorks Wind River - - -

 

はい