最も汎用性に優れたプロセッサ

Nios® II プロセッサは、新しいデザイン・サイクル固有の要求に対応するために、完璧にフィットする CPU、汎用ペリフェラル、メモリ・インタフェース、およびカスタム・ハードウェア・ペリフェラルを提供しており、次のとおり、ユーザの必要に応じて驚異的な柔軟性を提供します。

  • 最適化された CPU ファミリ – 複数の Nios II CPUから選択します。それぞれの CPU が目的とする価格/性能ポイントに対して最適化され、すべてが同じソフトウェア・ツール・チェインでサポートされます。
  • カスタマイズ可能なペリフェラル・セット – 標準プロセッサでは実現できない構成さえも、Quartus Prime 開発ソフトウェア に含まれるペリフェラル IP を使用して、アプリケーションに必要なだけのペリフェラル、メモリ、および I/O の組み合わせを作成できます。
  • ターゲット・シリコンの選択 – アルテラは、多彩な FPGA および HardCopy® ASIC デバイスを提供しており、幅広いコスト/性能要求に対応しています。Nios II プロセッサは、アルテラの主流の FPGA および ASIC デバイスをすべてサポートします。
  • 性能の拡張性 – ソフトウェア性能は、ハードウェア・アクセラレータカスタム命令、更にマルチ・プロセッサ・システムによって向上させることができます。 アルテラは、現在ではアクセラレーション自動化ツールも提供しています。


組み込み開発者には、性能に過剰投資したり、機能を犠牲にすることなく、アプリケーションに最適なプロセッサを選択することが求められます。多くのサプライヤから何百種類ものプロセッサが販売されており、それぞれが異なるペリフェラル、メモリ、インタフェース、および性能特性のセットを備えています。設計者は必然的に、(機能または性能目標に適応するために)過剰投資を行うか、あるいは(アプリケーションに必要ない機能や性能への過剰投資を回避しようとしてコストを抑えるために)必要な性能を満たすことができない羽目に陥ります。