Stratix: 第一世代の ハイエンドFPGA

Stratix® FPGA は2017年6月1日をもって出荷を終了しました。

Stratix® FPGA ファミリーは、高性能を提供するよう最適化されたアーキテクチャおよびFPGAベンダーで最も高い集積度を持ち合わせたアルテラの第1世代ハイエンドFPGAです。


発表時に最先端デバイスとして提供していた Stratix® および Stratix® GX FPGAは、現在アルテラの新しい世代のハイエンド FPGA シリーズに取って代わっています。現在、新しいハイエンド・デザインの開発に最適なソリューションは、Stratix® III および Stratix® IV FPGA ファミリーとなります。

Stratix® FPGA

Stratix® FPGA は、最大 80,000個のロジック・エレメント(LE)、TriMatrixメモリーブロックに配置された7.3Mビットのオンチップ RAM、最大 350MHzで動作する性能を提供します。Stratix® FPGAは、400M bpsで動作するDDR SDRAMや 800Mbpsで動作するQDRII SRAMなど、外部メモリー・インターフェイスをサポートします。また、Stratix® FPGA は世界で初めて18x18マルチプライヤー、積算器、および加算器を備えたDSP ブロックを提供しました。

Stratix® GX FPGA

高性能なアーキテクチャー機能を生かして開発されたStratix® GX FPGAは、 マルチ・ギガビットの転送速度で動作する高速シリアル・トランシーバを搭載した初のプログラマブル・ロジック・デバイスです。4つの全二重チャンネルをサ ポートするトランシーバー・ ブロックとクロック・データ・リカバリー(CDR)技術を使用することで、1チャンネル当たり3.1875Gbps以上のデータ伝送速度を実現します。この データレートにて、SerialLite II、ギガビット・イーサネット、10ギガビット・イーサネット/XAUI、SONET/SDH、Fibre Channel、Serial RapidIO® 規格、PCI Express*、SFI-5、SPI-5を含む、多くの一般的な高速通信プロトコルをサポートします。