Stratix® II GX は、エンベデッド・トランシーバを備えた最新世代の FPGA です。 このファミリは、高速シリアル I/O を必要とする多数のアプリケーションおよびプロトコル向けの堅牢なソリューションを提供するようにアーキテクチャが設計されています。消費電力が最適化されたトランシーバは、600 Mbps から 6.375 Gbps の動作範囲全域で雑音余裕度が高く、最適なジッタ性能を提供するように設計されています。Stratix II GX は、 業界最高速かつ最高集積度のFPGA ファミリ である Stratix II で使用されているのと同じアーキテクチャを採用し、最大 20 個の SERDES ベース・トランシーバを統合しています。

最高のシグナル・インテグリティ

Stratix II GX トランシーバは、1.25メートルを超える長さの伝送線路、オンボード、バックプレーン (FR4 マテリアル) 、2.5 Gbps で動作する 30メートルの PCIe ケーブル上で最大 6.375 Gbps で動作します。様々な機能を搭載することによって、最高の シグナル・インテグリティ を高いデータ・レートかつ低消費電力で実現することを保証します。機能につきましては以下をご覧ください。

完全なプロトコル・ソリューションを提供

Stratix II GX では、高速シリアル・アプリケーションで現在多く使用される主要なプロトコルをサポートしています(PCI Express、CEI-6G、SDI (シリアル・デジタル・インタフェース)、Gigabit Ethernet、Serial RapidIO® (SRIO)、XAUI、SerialLite II、SONET 標準規格)。そして、以下のソリューションを提供しています。

革新的なロジック・アーキテクチャ

Stratix GX II デバイスは、最高性能を発揮しリーク電力を抑制するよう最適化され、TSMC の 90 nm 低誘電(Low-K)プロセス技術を採用しており、新しい革新的な Stratix II FPGA ロジック構造上に構築されています。Stratix II GX FPGA デバイス・ファミリは 最大130K 同等のロジック・エレメント(LE)数、最大 6.7 Mビットのエンベデッド・メモリ、高性能フィルタや他の DSP ファンクションを効率よく実装するために最大 252 個の (18 ビット × 18 ビット) 乗算器を搭載しています。Stratix II GX FPGA アーキテクチャの主要な機能を以下に示します。

確信を持って今日から設計を始められます


Stratix II GX は、プロダクション品の量産出荷を行っています。以下に、インテルとパートナーから提供しているStratix II GX デバイスを使用した設計をサポートする様々なリソースを示します。今後さらに多くの情報を提供する予定です。