オンライン・トレーニング

コースタイトル 概 要

MAX® 10 デバイスのリモート・システム・アップグレード機能

 

MAX® 10 デバイスに固有のリモート・システム・アップグレード (RSU) 機能について学習します。この機能を利用することで、高コストのサービスコールやダウンタイムを発生させることなく、現場で動作中のデバイスをリモートからリコンフィグレーションし、デザインの問題を修正したり、機能を追加することができます。デュアル・プログラミング・イメージによってフェイルセーフな更新が実現されており、問題が発生した場合には自動的にファクトリー・イメージへのフォールバックが実行されます。

このトレーニングでは、RSU の必要性や使用事例を紹介し、この機能を利用するデザインの作成に必要なデバイスリソースおよびデザインエレメントについても説明します。

MAX® 10 デバイスのリモート・システム・アップグレード機能: デザインフロー & デモンストレーション

 

RSU トレーニングのパート 2 として、RSU をサポートするデザインについて完全なデザインフローを説明します。ソフトウェアとハードウェアに関するフローのデモンストレーションも紹介します。
MAX® 10 デバイスでのアナログ - デジタル変換 このトレーニングでは、MAX® 10 デバイスファミリーを紹介し、アナログ - デジタル・コンバーター (ADC) の一般的なタイプおよび使用法について説明し、さらに MAX® 10 デバイスに内蔵の ADC ブロックのアーキテクチャーを紹介します。

MAX® 10 デバイスでのアナログ - デジタル変換の統合

このトレーニングでは、Intellectual Property (IP) パラメーター・エディターを使用して ADC をパラメーター化する方法と、生成された IP をデザインに統合する方法について説明します。
MAX® 10 デバイスでの ADC ツールキットの使用 このトレーニングでは、システム・コンソール・ベースの ADC ツールキットを使用して、ADC によってキャプチャーされた変換済みのデジタル値を、グラフィックスを駆使して解析する方法について説明します。
MAX® 10 ユーザー・フラッシュ・メモリーの使用 MAX® 10 FPGA には、不揮発性の汎用ストレージとして使用できる内部ユーザー・フラッシュ・メモリーが備わっています。このトレーニングでは、ユーザー・フラッシュ・メモリーの特性について説明し、ユーザー・フラッシュ・メモリー上でのインスタンス化の方法および処理の実行方法を示します。

Nios® II プロセッサーでの MAX® 10 ユーザー・フラッシュ・メモリーの使用

MAX® 10 FPGA には、ソフトウェアなどの汎用ストレージとして使用できる不揮発性の内部ユーザー・フラッシュ・メモリーが備わっています。このトレーニングでは、各種モードでユーザー・フラッシュ・メモリーを Nios® II プロセッサーと効果的に使用する方法について説明します。

Nios® II プロセッサーの使用: ハードウェア開発

Nios® II エンベデッド・ソフトコア・プロセッサー、Avalon® 標準および Qsys 高性能ネットワーク・オン・プログラマブル・チップ・アーキテクチャーの基礎について解説します。
Nios® II プロセッサーの使用: ソフトウェア開発 Nios® II Software Build Tools for Eclipse について紹介し、FPGA 向けソフトウェアを開発したり、Nios® II 開発キットを使用してプロトタイプを作成する方法について解説します。低コストの MAX® 10 FPGA 開発キット上で、関連する Nios® II プロセッサーおよび Qsys の「Hello World」実習を行い、クラスに含まれるスライドや関連ツールのデモンストレーションで説明した概念を実際に動作させます。

入門

タイトル 概 要
はじめての FPGA 設計 これから FPGA の設計を始めるエンジニア向けの入門トレーニングです。FPGA を使用したデザインによって得られる基本的なメリットと、Quartus® 開発ソフトウェアを使用してシンプルな FPGA デザインを作成する方法について学習します。MAX® 10 FPGA 開発キットを購入済みの場合は、トレーニング中に作成したプログラミング・ファイルを開発ボードに転送できます。
4 時間で FPGA デザイナーになる方法 このコースでは、インテル® FPGA を使用した設計における基本的なスキルを習得できます。コースでは講義、デモンストレーション、および実習を行い、4 時間で完了します。インテルのデバイス
Nios® II プロセッサーの使用:ハードウェア開発 Avalon® 標準インターフェイスおよび Qsys 高性能ネットワーク・オン・プログラマブル・チップ・アーキテクチャーの基礎について学習します。Qsys システム統合ツールを使用して、Nios® II プロセッサー・ベースのカスタマイズされたハードウェア・システムを開発および構成する方法を学習します。インテル® MAX® 10 開発キット上で、関連する Nios® II プロセッサーおよび Qsys の「Hello World」実習を行い、クラスに含まれるスライドや関連ツールのデモンストレーションで説明した概念を実際に動作させます。

Nios® II プロセッサーの使用:ソフトウェア開発

Nios® II Software Build Tools for Eclipse について学習します。FPGA 向けソフトウェアを開発したり、Nios® II 開発キットを使用してプロトタイプを作成する方法について学習します。インテル® MAX® 10 FPGA 開発キット上で、関連する Nios® II プロセッサーおよび Qsys の「Hello World」実習を行い、クラスに含まれるスライドや関連ツールのデモンストレーションで説明した概念を実際に動作させます。

トレーニング・ビデオ