インテル® MAX® 10 FPGA は、制御またはデータ処理アプリケーションにおけるコスト効果の高いシングルチップ・ソリューションを提供するための装備をしています。デュアル・コンフィグレーション・フラッシュ・メモリー、アナログ-デジタル・コンバーター (ADC)、デジタル信号処理 (DSP) 、Nios® II プロセッサー・サポート などの新機能を統合しており、さまざまなエンドマーケットやアプリケーションに最適です。

ボード管理アプリケーション

データセンター・アプリケーションは、パフォーマンスと消費電力の両面における限界を押し広げています。インテル® Arria® 10 FPGA & SoCインテル® Stratix® 10 FPGA & SoC など、システムの原動力となるハイエンド FPGA に対してもインテリジェントな PMIC (Power Management IC) サポートが求められています。MAX® 10 FPGA は、インスタント・オン、アナログ入力、デジタル制御の的確な組み合わせにより、こうしたデータセンター関連のアプリケーションにとって最適な PMIC ソリューションとなっています。

PMIC 機能のほか、MAX® 10 デバイスは、オンチップ温度感知ダイオードの集積による優れた温度管理をサポートしており、また多くのオフチップ温度センサーにも対応します。

ボード管理コントロール、詳細情報 >>

産業機器アプリケーション

 

MAX® 10 FPGA の利点:

  • より高い性能向上 –正確なタイミングおよび診断のための並列処理を用いたモーター制御用低遅延制御ループ
  • より大きな柔軟性– 多数の I/Oピン、内蔵 ADC、統合された制御と通信、性能要件に合わせたリソース使用量
  • 管理コストの削減 - 部品点数の削減と小型化、信頼性の向上、供給停止リスクの低減

 

オートモーティブ・アプリケーション

MAX® 10 FPGA の利点:

  • I/O サポートの柔軟性 – LVDS、mini-LVDS、LVCMOS をサポート

  • 最適化されたインテル®  IP (Intellectual Property) - ALTLVDS メガファンクション、ビデオ/画像処理スイート

  • 多様な製品 – オンチップ・フラッシュ・メモリーにより、デザインニーズに応じてファミリー製品を細分化して BOM を削減

 

MAX® 10 FPGA の利点

  • ボードスペースの削減 – インテル® Enpirion® 電源ソリューションの併用による機能統合にて、必要なボードスペースを 50% 削減
  • システム・モニタリング - システムセンサー用 ADC を内蔵
  • リモート・システム・アップグレード – デュアル・コンフィグレーションにより、真のフェイルセーフ・アップグレードを実現
  • 複雑な制御管理 – Nios® II ソフト・コア・エンベデッド・プロセッサーによるソフトウェア制御でのシステム管理
  • シングルコア電圧サポート – パワーアップ・シーケンス管理に必要なシングル電圧供給