Cyclone® IV FPGA は、低コスト、低消費電力、多機能性のかつてない組み合わせを提供するCyclone® シリーズの特長(伝統)を継続します。

  • Cyclone® IV GX FPGA アーキテクチャーは、最大 150K の垂直に配列されたロジックエレメント(LE)、9K ビットの(M9K) ブロックとして配置された 6.5 Mビットのエンベデッド・メモリー、および360個の 18x18 エンベデッド・マルチプライヤーで構成されています。さらに、Cyclone® シリーズの新しいメンバーである Cyclone® IV GX FPGA では、最大 3.125 Gbps トランシーバーを内蔵しています。

 

  • Cyclone® IV E FPGA アーキテクチャーは、最大 115K の垂直に配列された LE、9K ビットの(M9K) ブロックとして配置された 4 Mビットのエンベデッド・メモリー、および266個の 18x18 エンベデッド・マルチプライヤーで構成されています。


ロジックおよび配線コア・ファブリックは、I/O エレメント(IOE)、フェーズ・ロック・ループ(PLL)で取り囲まれています。GX および E の両デバイスには、ダイの各コーナーに 4 個の汎用 PLL が配置されています。Cyclone® IV GX FPGA には、ダイの上部、下部、および右側に I/O エレメントがあり、Cyclone® IV E FPGA にはダイの 4辺に I/O エレメントがあります。Cyclone IV GX ダイの左側では、4つのトランシーバー・チャネルで構成されるクワッドを最大2 つ、8チャネルのトランシーバーを搭載します。各トランシーバー・クワッドの上部と下部には、トランシーバーまたは FPGA ファブリック(トランシーバーで使用しない場合)で使用できる多目的 PLL (MPLL)があります。

両方のアーキテクチャーには、高効率のインターコネクトおよび低スキュー・クロック・ネットワークがクロック信号およびデータ信号のために、ロジック構造の間に接続を提供します。

Cyclone® IV FPGA のアーキテクチャー

関連リンク