ファミリー概要表

20nm で最高の性能を発揮する FPGA & SoC

インテル® Arria® 10 FPGA は、一般公開されている OpenCores デザインの使用において、競合製品に比べ、1 スピードグレード分以上高速な、最大 20% の fMAX 性能の向上を実現しています。Arria® 10 FPGA & SoC は、前世代の FPGA & SoC に比べて最大 40% の消費電力を削減するとともに、最大 1.5 TFLOPS (Tera Floating-point Operations Per Second) の速度を実現する業界唯一のハード浮動小数点デジタル信号処理 (DSP) ブロックを搭載しています。

インテル® Arria® 10 デバイスの性能の優位性をビデオで解説

インテル® Arria® 10 FPGA パフォーマンス・ベンチマークの手法と結果

前世代の FPGA & SoC より消費電力を 40 % 削減

  • プログラマブル・パワー・テクノロジーにより、性能が重要ではないパス向けに消費電力が少ないトランジスターを選択してスタティック消費電力を低減
  • Smart voltage IDにより、性能に影響を与えずに最適な電圧でデバイスを動作
  • VCC power manager – 動作電圧による性能と消費電力のトレードオフをユーザーが選択可能
  • 低スタティック消費電力グレード – スタティック消費電力を低減したデバイスを提供

業界唯一の 20nm ARM* ベース SoC FPGA


集積化によってボードスペースを節約

  • 100 万ロジックエレメントを超える集積度 により、従来世代のミッドレンジ製品の 2 倍の集積度を達成
  • ハード化された IP (Intellectual Property):DDR4 メモリー・コントローラーと PCI Express* (PCIe*) 3.0 仕様 (Gen3)
  • インテル® Enpirion® 電源ソリューション が最小のフットプリント、最高の性能、システム消費電力の低減、信頼性と効率の向上、および「Time-to-Market」の迅速化をもたらして Arria® 10 FPGA & SoC を強化


Quartus® Prime 開発ソフトウェアで生産性を向上させ、「Time-to-Market」を短縮

  • 業界最速の 20nm コンパイル時間および最も先進的なデザイン環境
  • 100 G イーサネット、100 G Interlaken、Hybrid Memory Cube、PCIe* Gen3 など、低いレイテンシーなクラス最高の IP コア
  • 業界最短のコンパイル時間 (最も近い競合ソフトウェアの最大2.5倍高速) で、デザインのイタレーションとタイミング・クロージャーを高速化
  • FPGA に実装しやすいデザイン環境を提供する、インテル® FPGA SDK for OpenCL* を使用した C ベースのデザイン入力
  • インテル® Qsys システム統合ツールを備えたシステムレベルのデザイン環境
  • DSP Builder for インテル® FPGA - MATLAB/Simulink 環境内のモデルベースの DSP 環境


Arria® 10 FPGA & SoC は、ワイヤレス通信、ワイヤライン通信、防衛機器、放送機器、その他のエンドマーケットの幅広いアプリケーションに最適です。

 

 

OpenCL および OpenCL ロゴは Apple Inc. の商標であり、Khronos の許可を得て使用しています。

 

 

† テストは、特定のシステムでの特定のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを測定します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。購入を検討される場合は、ほかの情報も参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。性能やベンチマーク結果について、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。 性能比較の手法とその詳細な結果については、ホワイトペーパーインテル® Arria® 10 FPGA パフォーマンス・ベンチマークの手法と結果に記載されています。

 

ファミリー概要
Arria-10 Device Variations