幅広いアプリケーションに対応するインテル® Arria® 10 FPGA & SoC

インテル® Arria® 10 FPGA & SoC は、従来のミッドレンジ FPGA と比べて 60% を超える高い性能と最大 40% 少ない消費電力を実現します。従来のハイエンド FPGA と比べた場合でも、最大 15% 高い性能と最大 60% 少ない消費電力となります。高性能ロジック・ファブリックとチップ間およびチップ-モジュール・インターフェイス間で最大 25.78 Gbps およびバックプレーンで最大 17.4 Gbps のトランシーバー性能を備えた Arria® 10 FPGA & SoC は、通信機器、防衛機器、放送機器、高性能コンピューティング、テスト、医療機器などの多くの業種の幅広いアプリケーションに対応するために必要な統合を提供します。

ワイヤレス・バックホール・アプリケーション

Arria® 10 FPGA & SoC は、高性能と低消費電力機能の優れたバランスにより、ワイヤレス基地局、モバイル・バックホール、および RRH (Remote Radio Head) デザインに最適です。また、包括的な消費電力低減機能により、従来のミッドレンジ・デバイスと比べて消費電力を最大 40 % 低減します。Arria® 10 FPGA のコア性能は 500 MHz を超えており、5 倍オーバーサンプリングを使用しながら 100 MHz の RF 帯域幅を提供することが可能です。Arria® 10 FPGA & SoC は、豊富な可変精度デジタル信号処理 (DSP) ブロックとデュアルコア ARM* Cortex*-A9 プロセッサー・オプションに加え、CPRI (Common Public Radio Interface)、SFP (Small Form-factor Pluggable)、および JESD プロトコルをサポートしているため、特定用途向け集積回路に代わる低リスクのデザイン手段となります。さらに、優れた適応性と再プログラム可能性により、プロトコルの変化や進化に対応できるという利点もあります。

当社の無線通信アプリケーションのサポートについての詳細

ワイヤレス・バックホールブロック図

20x10G 光伝送

Nx10G および Nx100G 伝送装置の導入が進んでいますが、Arria® 10 FPGA & SoC を使用すると、消費電力とシステムコストの低減が可能です。さらに、最大 53Mb のエンベデッド RAM、10G/40G-BASEKR 順方向誤り訂正 (FEC) 用のハードシリコン IP、ギガビット・イーサネット (GbE) プロトコルや Interlaken の幅広いサポート、Arria® 10 デバイス対応の SoC オプションにより、スイッチング、セキュリティー、モニタリング、セルフテスト、トラフィック、およびポリシー管理分野で製品機能の差別化を図ることができます。

当社のワイヤライン通信アプリケーションのサポートについての詳細

20x10G 光伝送ブロック図

防衛用レーダー/FlexDAR

セキュアな通信、レーダー、航空電子、およびナビゲーション・システムのデザインは、Arria® 10 FPGA & SoC での実装に最も適しています。これらのアプリケーションでは、消費電力の低減、多数のトランシーバー・チャネル、3,000 個を超える乗算器、可変精度 DSP ブロックおよび SoC 機能の高速化と高度化の恩恵を受けることができます。また、DSP Builder for インテル® FPGA などの生産性向上のためのデザイン開発オプションや OpenCL* のサポートもユーザーの役に立ちます。

当社の防衛機器向けアプリケーションのサポートの詳細

防衛用レーダー/FlexDAR ブロック図

放送機器および業務用オーディオ・ビジュアル機器

Arria® 10 FPGA は、制作スタジオ機器の製品化までの時間を最短にするために、4K、3D、CODEC などのビデオおよび画像処理を消費電力、面積、コストについて最も効率の良い方法で統合します。エンベデッド・メモリーおよび外部メモリーは帯域幅が広いため、4K および 3D 処理に対応できます。また、トランシーバーが多数あるので、最大 96 個のフルレートチャネルまたは 10G SDI の 72 個の独立チャネルの管理と処理にも行えます。

当社の放送機器アプリケーションのサポートの詳細

放送機器および業務用オーディオビジュアル機器ブロック図

その他のエンドマーケット

他のアプリケーションでのインテル® FPGA & SoC の活用方法については、以下をご参照ください。

† テストは、特定のシステムでの特定のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを測定します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。購入を検討される場合は、ほかの情報も参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。性能やベンチマーク結果について、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。