インテル® FPGA SDK for OpenCL™ の概要

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ はソフトウェア開発者が、インテルの CPU と FPGA を使用したヘテロジニアス・プラットフォームをターゲットにする、アプリケーションのアクセラレーションを可能にする世界クラスの開発環境です。この環境は、インテル最新のソフトウェア開発フレームワークおよびコンパイラー・テクノロジーと、革新的なインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアを組み合わせることで、FPGA の詳細を抽象化しつつ、最適化された結果をもたらす次世代開発環境を実現します。インテル® FPGA SDK for OpenCL™ によって、FPGA 独自の機能を活用して、優れた電力効率と低レイテンシーによりパフォーマンスを向上できます。

OpenCL* とは?

OpenCL* 規格は、ヘテロジニアス・システムにおけるアルゴリズムの高速化を実現する、業界初のオープンかつロイヤルティー・フリーの統合プログラミング・モデルです。OpenCL* では、C ベースのプログラミング言語を使用して、CPU、GPU、FPGA をはじめとする各種プラットフォームで実行可能なコードを開発できます。OpenCL* の主な利点は、ロイヤルティー・フリーの移植可能なオープン・スタンダードであり、この点が独自規格に基づくプログラミング・モデルとの最大の差別化要因にもなっています。

OpenCL* は、ソフトウェア・エンジニアにとってはプログラミング・モデルであり、システム・アーキテクトにとってはメソドロジーです。

OpenCL* は、標準 ANSI C (C99) をベースとして並列化を実現するために拡張したものです。OpenCL* には、ホスティングされているシステムのハードウェア・アクセラレーターとホストが通信するか (従来は PCI Express* を経由)、ホストの介在無しに複数のカーネル間で通信するための API も含まれています。

インテル® FPGA SDK for OpenCL™ は、10Gb イーサネットなどのストリーミング I/O インターフェイスからカーネルにデータを直接ストリーミングのためのホストチャネル API、I/Oといったベンダー拡張機能を提供します。

主要機能

  • Microsoft* Visual Studio または Eclipse ベースのインテル® Code Builder for OpenCL™ API (FPGA 対応)
  • インテルのコンパイラー・テクノロジー対応の高速 FPGA エミュレーター
  • OpenCL* プロジェクトの作成を迅速に開始するウィザード
  • 文のハイライト表示およびコード入力補完機能
  • カーネル・パフォーマンス What-if 分析
  • FPGA リソースおよびパフォーマンスに関するクイック・スタティック解析
  • FPGA の高速 (fast) コンパイルおよびインクリメンタル・コンパイルのサポート

OpenCL および OpenCL ロゴは Apple Inc. の商標であり、Khronos の許可を得て使用しています。