MAX V デバイスは、ワイヤライン通信、ワイヤレス通信、産業機器、コンシューマ、コンピュータ/ストレージ、放送機器、軍用の各分野の汎用デザインや、消費電力/スペースの制約が厳しいデザインにも最適です。MAX V CPLD は、従来 ASIC、ASSP、FPGA、あるいはディスクリート・ロジック・デバイスで実装されていた多種多様なアプリケーションに使用されています。

表 1. MAX V CPLD の主な特長と利点

特長 利点
コスト最適化 MAX V CPLDは、低コスト 0.18 μm 製造プロセスと最先端の低コスト・パッケージング技術の組合せによって製造されます。
低消費電力 MAX V CPLD は、トータル消費電力が同等集積度の競合 CPLD の半分程度であるため発熱が少なく、しかもバッテリ寿命の延長が可能です。
内蔵オシレータ MAX V CPLD は、シンプルなクロック・ソースとして使用できるオシレータを内蔵しています。そのため、外部ディスクリート・タイミング・デバイスが不要で、BOM コストの削減につながります。
迅速なパワー・オン/リセット MAX V CPLD は 500 μs 以下の高速パワー・オン/リセットが可能なため、PCB 上の他のデバイスの消費電力管理、電源シーケンス制御、電源監視に最適です。
リアルタイム・イン・システム・プログラマビリティ(ISP) MAX V CPLD は、CPLD の動作中に別のコンフィギュレーション・イメージをアップデートすることができます。
I/O 機能 MAX V I/O はホット・ソケット対応で、LVTTL、LVCMOS、PCI、および LVDS 出力インタフェース規格のほか、バス・フレンドリーなオプション(ピンごとの出力イネーブル、シュミット・トリガ、スルー・レート・コントロールなど)もサポートしています。
グリーン・パッケージ 最新のハロゲン化物フリー要件に適合した有鉛品と RoHS 準拠品がすべてのパッケージ(EQFP、TQFP、MBGA、FBGA)に用意されています。(1), (2), (3), (4)
パラレル・フラッシュ・ローダ (英語版・PDF) MAX V CPLD は オンチップJTAG ブロックを装備しており、パラレル・フラッシュ・ローダ IP メガファンクションを使用してディスクリート・フラッシュ・メモリ・デバイスなどの外部 JTAG 非準拠デバイスをコンフィギュレーションできます。

表 2. MAX V のスピード/温度グレード

デバイス スピード・グレード
-4 コマーシャル -5 コマーシャル -5 インダストリアル オートモーティブ (1)
5M40Z check check check お問い合わせください
5M80Z check check check お問い合わせください
5M160Z check check check お問い合わせください
5M240Z check check check お問い合わせください
5M570Z check check check お問い合わせください
5M1270Z check check check お問い合わせください
5M2210Z check check check お問い合わせください
Notes:
  1. オートモーティブ・グレードの詳細については、アルテラの販売代理店までお問い合わせください。