1993 年以来、MAX® CPLD (Complex Programmable Logic Device) シリーズは、最も低消費電力かつ低コストの CPLD を市場に提供してきました。新しいインテル® MAX® 10 デバイスは、不揮発性プログラマブル・ロジック・デバイスに FPGA の機能を統合して大きな飛躍を遂げました。

表1. MAX シリーズ

  Mature CPLD Families MAX II
CPLD
MAX IIZ
CPLD
MAX V
CPLD
インテル® MAX 10 FPGA
発売年 1995 - 2002 2004 2007 2010 2014
プロセス技術 0.50-0.30 µm 180 nm 180 nm 180 nm 55 nm
主な特長 5.0 V I/Os High I/O count Low static power Low cost and power Non-volatile integration
低コストデバイス 概要および特長

 

  • シングルチップ、デュアル・コンフィギュレーションの不揮発性 FPGA
  • 従来の揮発性 FPGA の PCB スペースを半分にする最適なシステム・コンポーネントを統合
  • アナログ – デジタル・コンバータ (ADC)、デジタル信号プロセッサ (DSP)、および Nios® II プロセッサーを含む広範な IP (Intellectual Property)

 

  • 競合 CPLD と比べ、トータル消費電力を最大50%低減する強力な機能を実現
  • 従来は外部ファンクションだったコンポーネントを統合したアーキテクチャによるトータル・システム・コストの低減
  • 不揮発性アーキテクチャーを備える、インスタント・オン、シングル・チップ CPLD

 

  • インスタント・オン、不揮発性 シングル・チップ CPLD ソリューション
  • もっとも低コスト、低消費電力(MAX® デバイスの1/10)な高集積 CPLD
  • オンボード・ユーザフラッシュ・メモリ、1.8-V, 2.5-V & 3.3-V 電源電圧